安全な方法で、安全にします。

Stacks Image p158265_n3

アスベスト処理剤

安全に、かつ効率良く処理ができる、アグアジャパンのアスベスト処理剤をご紹介します。

AGUA アスベスト処理剤の特徴

Stacks Image 101628
  • Stacks Image 30564
  • Stacks Image 30574
  • Stacks Image 30568
  • Stacks Image 30570

取扱がたやすく、高性能にもかかわらず安全。これがAGUA のアスベスト処理剤の特徴です。

  • 無機の不燃成分で作られた処理剤なので燃えません
  • 揮発性有機化合物(VOC)を含まず無臭。作業中の二次被害がなく周辺への影響も少ない
  • 化学反応により強力に飛散を防止し、効果が長期間持続します
  • 組成分に有害物質を含まないので環境汚染が少なく安全です
  • 1液性の上に浸透性がよく液ダレがないため取扱が簡単で作業性がアップします

※ 処理剤によって性質と仕様は異なります。詳細は各製品のページをご参照下さい。

船舶用として開発されました

Stacks Image 131153

大きな社会問題となっているアスベスト処理。さまざまな施設や工場での健康被害が明らかになっています。しかし、アスベストが問題視されたのは陸上の建築物だけではありませんでした。

実は海上を航行する船舶内でも、機械室をはじめとして多量のアスベストが使用されており、乗務員や造船所作業員の健康が1970年代から国際的に大きな問題になっていたのです。しかし、船舶内のアスベストを全て交換することは難しい上に、密閉された空間であるために、使用できる薬剤にも大きな制限がありました。

アスベスト本来の性能(耐火、断熱、耐薬品性)を損なわないこと。アスベストの飛散をゆるさないこと。そして、密閉された空間でも安全・確実に処理できること。こうしたニーズを受け、日本財団(海洋政策研究財団)の研究開発補助(平成18・19年度の2年度)の下に開発されたのが、AGUAアスベスト処理剤です。

  • 処理前・後のアスベストの比較 ① (位相差顕微鏡による)
    Stacks Image 158232
  • 処理前・後のアスベストの比較 ② (分散分析法による)
    Stacks Image 158234
  • 耐火性能試験
    Stacks Image 158236

AGUA アスベスト処理剤ラインナップ

アグアジャパンのアスベスト処理剤は全部で4製品。用途に応じて最適な製品をお選び下さい。

AGUAシリーズは「水性無機系の石綿飛散防止剤」として、国土交通省による NETIS(新技術情報提供システム)に登録されています。【登録番号:KT-120122-A】

クリック・タップすると製品群のセクションに移動します。

 

アスベスト除去工事用処理剤

アスベストの除去工事には、AGUA-A2000と AGUA-HAC1 が最適です。

アスベスト除去剤 AGUA-A2000

除去工事における飛散抑制(湿潤)に
除去後の飛散防止処理に

詳しく見る

Stacks Image 36701
Stacks Image 36704
除去面仕上げ剤 AGUA-HAC1

除去面の粉じん飛散防止・仕上に
養生シートの粉じん飛散防止に

詳しく見る

Stacks Image 36715
Stacks Image 36718
 

アスベスト封じ込め工事用処理剤

アスベストの封じ込め工事には、AGUA-A3000(浸透型)と AGUA-A5000(固化型)をお使いいただけます。

アスベスト処理剤 AGUA-A3000

アスベストの封じ込め工事に
(内部浸透タイプ)

詳しく見る

Stacks Image 36782
Stacks Image 36785
アスベスト処理剤 AGUA-A5000

アスベストの封じ込め工事に
(表面固化タイプ)

詳しく見る

Stacks Image 36821
Stacks Image 36824

取り扱い販売店

株式会社アグアジャパンのアスベスト処理剤および飛散防止剤は、以下の販売店でも取り扱っております。

会社名
本社所在地
静岡県浜松市
北海道小樽市
東京都中央区
神奈川県川崎市
東京都港区
沖縄県浦添市
福島県郡山市
東京都渋谷区

最新ニュース

AGUA JAPANのアスベスト処理剤ついての最新ニュースは以下からご覧下さい。

こちらもどうぞ

Stacks Image 71659
Stacks Image 71661